有意義なサイト作りのためJavaScriptを使ってます。ご了承ください。

QNAPでWireGuardVPN(IPv6対応)

 ·   ·  ☕ 3 分で読めます

あらすじ

QNAPNASのVPNがめっちゃくちゃ遅いので原因を究明したらIPv6が遮断されてた

概要

QNAPのNASにはVPN機能があります。ですがラズパイ4のPiVPNと比べて極端に遅く、んなわけねえと原因を究明。
PiVPNに負けるとなるとIPv6周りかなと思い探ったところビンゴで、デフォルトだとIPv6の通信が遮断されて強制的にIPv4通信になるという仕様だったことが判明。
なのでここにQNAPのWireGuardの貼り方をIPv6対応でメモります。

環境

NAS本体:TS-251D
FW Ver.:5.0.0.1932

やり方

事前準備

まずQVPNとQuFirewall、それとMyQnapCloud Linkのインストールが前提です
スマホやタブレット等にはWireGuardアプリをインストールしておきましょう。
あとルーターから開けるIPv6ポート番号をメモしておきます。

1. QVPN設定

QVPNをクリックし、WireGuardを開いて任意の名前を入れてキーペアを生成。ポートを解放可能なIPv6ポートに変更します。

2. WireGuardアプリ設定

+ボタンをタップして「空の状態から生成」をタップ。
任意の名前でキーペアを生成し公開鍵をコピー。

3. QVPN設定2

こちらでもピア生成。パブリックキーにクライアントの公開鍵入力、適用クリック。

4. WireGuardアプリ設定2

IPアドレスにQNAPの「許可されている」に表示されているに表示されているIPアドレスを入力。
MTUは適当に。
公開鍵にQNAP側のパブリックキーを入力。
エンドポイントにMyQnapCloudのアドレスとポート番号を入力。
Allowed IPsは「0.0.0.0/0」で行けました。最後に右上の保存をタップし、VPN構成追加するよーウィンドウの許可をタップ

5. ルーターのポート解放

QNAPのWireGuardのポートを解放します。
プロトコルはUDP、宛先IPはNASのローカルIP(事前にNASの静的IPやルーターDHCPで固定しとく)、変換対象・宛先ポートは事前に設定したポート番号
この辺はルーターによるのでなんとも言えませんが頑張ってください。

6. QuFirewall穴あけ

IPv4v6ともにインターフェイスはVPN(GateWay)、ポートもプロトコルはAll、送信先はリージョンJapanで1つ許可し優先度を1番上
IPv4側からサービスポートとプロトコルはAny、送信先はIPサブネット198.18.7.0/24(一例。もしNAS側WireGuardIPを変えたなら適宜調整)で1つ許可、優先度をさっきのやつの下に

爆速VPN完★成

これでいつでもどこでもおうちのNASにアクセスできますし母艦PCがあればタブレットやノートPCからリモートだってできます。
Enjoy!

シェアはこちら:

ふらもん
書いた人:
ふらもん
ゲームクリエイター見習い。リンクは別館の制作・攻略サイト