有意義なサイト作りのためJavaScriptを使ってます。ご了承ください。

liquidctlでLinuxでも簡易水冷コントロール!

 ·  ☕ 2 分で読めます

どうも、パソコンに簡易水冷サンドイッチとかLinuxに戻したりとかいろいろやってるふらもんです。今はManjaroで落ち着いてます。
Windowsだとつらい作業がLinuxだと苦にならなかったりするのでやっぱり私にはLinuxしかないようです。
そんなLinuxですが、Windows以上のオープン環境なのでなんでもあります。だいたいのことは調べれば有志ツールが出てきます。
簡易水冷もコントロールできないかなーと調べた結果、できちゃったので紹介します。liquidctlです。

概要

要するにコマンドラインから簡易水冷のコントロールを行うツールです。Linuxに対応しています。
うちのCorsair H150i Pro XTにもバッチリ対応していて、ハードウェア連携(水温でLEDの色を変えるとか)の設定以外はできました。それもスクリプト制御でできると思います。たぶん。
Manjaroではsudo pacman -S liquidctlでインストールできました。たぶんUbuntu系でもaptでいけます(適当)

使い方

liquidctl initializeで初期化、liquidctl statusでステータスを見られます。
あとは公式さんのドキュメントを参考にliquidctl set <調整科目>で調整していきましょう。

Corsair水冷Pro XTの場合

1
liquidctl initialize --pump-mode extreme

以上でポンプが最速になります。遅くしたければliquidctl initialize --pump-mode balancedでできます。

こんなかんじで、Linuxでもコマンドから簡易水冷をいじることができます。
簡易水冷もLinuxも使いたい欲張りさんはぜひお試しあれ。

シェアはこちら:

ふらもん
書いた人:
ふらもん
ゲームクリエイター見習い。リンクは別館の制作・攻略サイト