有意義なサイト作りのためJavaScriptを使ってます。ご了承ください。

EasyCanvas - WindowsでSidecarもどきやってみた

 ·  ☕ 3 分で読めます

突然ですが、MacとiPadにはSideCarという機能があります。
iPadをMacのサブディスプレイ…液タブにできるものなのですが、あいにくにもWindowsとiPadの組み合わせではできません。
しかし私はかつてiMacを持っていてSideCarの破壊力は知っており、同じことをうちのBTOパソコンでもできないか調査しました。
‌できました。方法をシェアします。

参考:

やり方

上のツイートが大方代弁してくださっているので私は補足をメインに行います。

ダミーディスプレイプラグを仕入れる

ダミーディスプレイプラグは、いわばディスプレイに繋がないディスプレイプラグです。
ディスプレイがないのにディスプレイにつながっているとパソコンを騙して、その「あると騙している」ディスプレイをiPadに充てるわけです。
私はこれを買いました。

Easy CanvasとiTunesを落とす

今回の主役であるEasyCanvasをパソコンとiPadにインストールします。
誠に残念ながらiTunes必須なので一緒に落とします。

画面の指示に従って写す

Windowsの画面の指示に従ってiPadを接続し、画面モードを拡張にします。  
そしてiPad側のダミー画面の解像度をiPadのものにし(2048 x 1536)、画面を映します。

グラボ設定を調整

このままだとApplePencilの座標と描画座標が盛大にズレるので、グラボのスケール設定を「MaintainAspectRatio」にし、Windows側EasyCanvasのスケール設定もそうします。  
これで座標がぴったり合うはずです。

まとめと感想

神です。  
完璧にサブディスプレイ化。画質も描画精度も不満なしです。クリスタのサブスクリプション一まとめも併せ、おうちでWindows・外でiPadが完璧にできます。  
あとはiPadの左手デバイスがわりにテンキーを仕入れたので、それのレビューものちに行います。  
ショートカットSSHの件も併せ、iPadとWindowsの相性が良いことがまた証明されました。Apple縛りもいいですが、Android・iPad・Windowsのバラバラ連合軍もまたいいものです。一度試してみては?

シェアはこちら:

ふらもん
書いた人:
ふらもん
ゲームクリエイター見習い