有意義なサイト作りのためJavaScriptを使ってます。ご了承ください。

ポモドーロテクニックで超集中!

 ·  ☕ 3 分で読めます

ポモドーロテクニックという集中術があるのをご存知でしょうか。
25分間集中して5分休むのを繰り返して集中力を持続させる方法のことです。考案者さんがトマト(ポモドーロ)タイマーを利用していたのでこの名前がついたそうです。iPhoneやPCには専用アプリがあります。
最近やめてしまっていたのですが、コツを知ったので再開したところ、すんごい良かったので共有します。

コツその1…アプリ

ベタですが、「Focus To-Do」というアプリが一番良かったです。何がいいってこのアプリ、iPhoneのおやすみモードを貫通して音を鳴らしてくれるんです!
前使っていたアプリはこれがなく、「集中するためにLineやメールの通知を見ないといけない」という本末転倒もいいところな状態だったんですが、このアプリで解消されました。
しかもこのアプリ、無料で広告なし。1100円で同期機能が使えますが別になくても支障ありません。私は投げ銭がわりに速攻で課金しましたが、無料で始められるのはすばらしいです。

コツその2…さらに集中するために

ポモドーロテクニックの効果を最大限に発揮するには気が散ったときにその要素をメモすることが重要です。

25分間も作業をしていると、「今日買い物行こうかな?」とか「そういえばあのメール返信したかな?」といった、集中している作業とは無関係の気になることが無数に湧いてくるものです。
このような25分間の間に湧き上がってくる様々な欲求や思いを、フランチェスコ・シリロ氏は「内的中断」と呼びます。

仕事や勉強への集中を邪魔する最大の原因は、私たち自身の頭の中にある。私が「内的中断」と呼んでいるもの──宅配ピザの注文やソーシャルメディアの更新、デスクの上の片付けなど、ふと心にわいてくる欲求や思いによる中断──は、メールやフェイスブックの告知の着信音のような外的な中断よりも頻繁に起こり、害も大きい。このような中断を引き起こす要因に対処する最善の方法は、それを受け入れたうえで穏やかに対処することだ。

マインドマップを使ってもいいしメモアプリを使ってもいいので、とにかくこの内的中断をメモすることが肝心です。私は「Taskchute Cloud」をオープンリスト1としても活用しているのでそれにメモします。
電話や宅配が来たらどうしようもないのでタイマーを中断して対応します。

まとめ

このポモドーロテクニック、最初のうちはかなり負担がかかります。というか現に私自身1〜2時間しか集中が持ちません。
ですが慣れれば一発で集中モードに切り替えられます。マスターすれば大きな武器になるので、是非試してみてください!


  1. 未来の予定が全て書いてあるリスト。対義語は今日の予定だけを書いてある「クローズリスト」 ↩︎

シェアはこちら:

ふらもん
書いた人:
ふらもん
ゲームクリエイター見習い